page-case

売上予測について

パチンコ店併設の食堂・飲食店運営 情熱食堂導入後の売上予測

パチンコ店の遊技客数と食堂の売上の関連性

ランチタイムの遊技客数が100人程度だった場合の食堂売上比較例
パチンコ店の遊技客数と食堂売上比較
通常、ランチタイムの遊技客が100人の場合、併設食堂の月商は30~70万円程度だと思います。
当社は、それに加えて外部からサラリーマンを呼ぶので、月商150~200万程度まで伸ばすことが可能です。
当社が運営した場合のパチンコ店併設食堂の売上

当社が運営した場合のパチンコ店併設食堂の売上

※食堂客席数10~20席の場合。
遊技客が増えれば、それに比例して売上げも上がりますが、20席での売上げは最大でも300万円が限界です。

当社は、パチンコ店の稼働に頼る営業はしないように心掛けています。
むしろ、食堂に来たお客様をパチンコ店に還流できるような営業をしています。

遊技客はランチタイムに50人いれば十分です。
遊技客数より、パチンコ店食堂の立地を重要視しています。
サラリーマンが立ち寄れる場所」「低速での交通量が多い道路沿い」の場合が売上げの増加期待大となります。